Pocket

お酒を飲んだら運転してはいけません。また、免許を持っていないのに運転してもいけません。

飲酒運転への罰則が厳しくなったことで、飲酒運転による事故は減っています。しかし、当然ですがゼロにはなっておらず、テレビのワイドショーやニュースでもたまに取り上げられています。

もし、飲酒運転や無免許運転で事故を起こした場合、保険金は支払われるのでしょうか。

飲酒運転や無免許運転は免責事由

自動車保険(任意保険)には保険が適用されないケースがあります。「免責事由」に該当する場合がそれにあたります。そして、飲酒運転や無免許運転は、基本的にこの免責事由に含まれます。

つまり飲酒運転や無免許運転によって事故を起こした場合にケガをしたり、命を落としたりしても、搭乗者傷害保険や人身傷害補償保険保険による支払いを受けることができません。もちろん車両保険についても補償の対象外となり、自車の修理代は自腹になります。

支払われるケースもある

しかし、飲酒運転や無免許運転による事故の場合でも、保険金が支払われるケースがあります。事故の相手方に支払われる保険、対人賠償保険や対物賠償保険については保険金が支払われます。

保険の本来持つ目的は、被害者救済です。たとえ飲酒や無免許に起因する事故であっても、任意保険の対人・対物賠償責任保険については、被害者に対して保険金が支払われます。 自賠責保険もまた同様の趣旨から被害者に対しては支払われます。

賠償金はどのくらい支払われるか

被害者の“ケガ”に対して、賠償金はどこまで支払われるのでしょうか。

自賠責保険は、被害者一人につき、休業補償費(1日につき原則5,700円)、慰謝料(1日につき4,200円)、そしてケガの治療費を合わせて120万円が被害者への支払い限度額となります。もし、損害額が120万円を超えた場合は、対人賠償保険から保険金が支払われることになります。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket