Pocket

保険における団体扱いとは、勤務先などの団体で給与から保険料を引去る(天引する、または預金口座から保険料を引き去る)方法です。保険会社と勤務先団体が集金に関する契約をしている場合に利用できます。団体保険料として、一般扱いより割引となることがメリットです。

割引率は

一般的には、年間保険料の12分の1を毎月の給料から支払うことになります。一般扱いで月払いとすると5%割増となりますので、5%分お得ということになります。また、一括払いとする場合には、保険料が5%割引となりますので、支払い方法にかかわらず、5%はおトクということになります。また、所属団体の規模や事故の発生率によって、優良団体割引率が適用される場合があります。所属する団体の構成員全体での損害率が低い場合に優良団体としてさらなる割引が適用になるという制度です。

必ずしも安いとは限らない

しかしながら保険料だけを見るのであれば、団体扱いが必ずしも安いとは限りません。各保険会社の定義するリスク細分項目の多くに該当される方であれば、ダイレクト系保険会社の保険料もチェックしてみることをおすすめします。

保険料の分割払いについては、ダイレクト系の保険会社でも対応するところ多くなってきていますので、給与天引き感覚で口座引き落としも可能です。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket