Pocket

2012年3月11日の東日本大震災。地震と津波によって、大きな被害がありました。

そのため、住宅購入を検討する人は、場所を気にする人が増えたでしょうし、火災保険だけでなく地震保険にも加入する人は増えたと思います。

車を持っている人は自動車保険で補償されるのか気になるところ。では、自動車の場合、地震や津波で被害を受けたときに保険料を受け取ることができるのでしょうか?

基本的な自動車保険では支払われない

デフォルトの自動車保険では、地震や津波、噴火で損害を受けた際に保険金は支払われません。

自然災害によって車両が被害を受けた時に補償される車両保険でも、補償対象外となります。自然災害の定義では、火災や台風、洪水は含まれるものの、地震や津波、噴火は含まれていないからです。

では、自動車保険では地震などによる搭乗者、車の傷害を補償するものはないのか。というと、そうではありません。

地震や津波、噴火による損害で保険金を受け取ることのできる特約があります。

地震や津波による損害が補償対象となる特約

一部の損保会社では、地震や津波、噴火などの災害を補償する特約を取り扱っています。通常の自動車保険や車両保険では補償外なので、特約でカバーできるようにしているのです。

車に乗っているときに地震災害で傷害を受けた場合に補償される地震・噴火・津波「搭乗者傷害」特約、地震災害による自動車の損傷を補償する地震・噴火・津波「車両」特約があります。これらは、両方付帯することもできますし、どちらか一方だけを付帯することも可能です。

住宅のように火災保険に地震保険を付帯することで支払う保険料が大幅に高くなるわけではありません。しかし、当然のことですが、付帯するぶんの保険料の増加はあります。

万が一に備えて、地震特約を付けたほうが良いのかどうか。どうなのでしょう?

車両全損など支払い条件は厳しめ

地震特約の支払い条件は、基本的には車両の全損もしくは津波等による流失など、致命的な場合に限られます。

例として、東京海上日動「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」で定められている全損の基準を挙げますと、

  • 車体上部の損傷
    ルーフの著しい損傷、3本以上のピラーの折損・断裂、前面・後面ガラスの損傷、左右いずれかのドアガラスの損傷
  • 車体側部の損傷
    2歩に上のピラーの折損・断裂 、サイドシルの折損・断裂、座席の著しい損傷
  • 車体底部の損傷
    前もしくは後ろの左右双方のサスペンションと接続された部位のフレームの著しい損傷など
  • 原動機(エンジン)の損傷
    原動機のシリンダーに著しい損傷が生じ、始動が著しく困難な場合など
  • 流出または埋没して発見されなかった場合
  • 運転者席の座面を超える浸水を被った場合
  • 全焼した場合

他の損保会社も似たり寄ったり。こうやってみると、全損と認定されるラインは厳しい印象を受けます。

必ずしも付けたほうが良いとも言えない

厳しめの支払い条件に対して、補償内容はどうなのでしょうか?

車両保険に付帯する地震特約では、定額で50万円の保険料が支払われるものが多いですね。上で例に挙げた東京海上日動もそうですし、他にも三井住友海上や損保ジャパンなども同様です。

この50万円という金額、保険契約している車が使えなった場合に、代替車両を確保するための頭金に必要となる金額が目安となっています。ちなみに、車両保険の保険金額が50万円未満の場合は、その金額が支払われることとなります。

個人的には、全損と認められる範囲が思ったより狭いことを考えると、地震特約は無理して付ける必要はないのかなと思います。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket