Pocket

自動車保険は、フルオーダーメイドではありません。しかし、リスク細分型自動車保険が主流となっている現在では、運転者や車など様々な項目で保険料が変わってきます。もちろん、補償内容も様々です。

ですから、損保各社のホームページ上では、モデルプランを掲載することはできても、料金テーブルを公表することができません。金額が定まっていないというより、全通りの料金プランを掲載するととんでもないことになるからです。そのため、契約前の見積もりが大切になります。

見積もりを行なう上で基本的な知識が必要です。基本的な知識をしっかりと身につけないと、一括見積もりをとってみても比較検討する材料がありません。

まずは、様々な手続き方法や用語など、自動車保険に関する情報を読むための基本的な部分から学ぶと良いんじゃないでしょうか。

自動車保険の基礎知識

自動車保険には加入が義務付けられている自賠責保険と、任意で加入する任意保険の2つがあります。

任意保険に加入すると、そのぶん支払う保険料は増えますから、契約しなくても良いんじゃないかと思うかもしれません。しかし、自賠責保険だけでは補償として不十分。その辺を以下の記事で解説しています。

自動車保険にからむ手続き

見積もりから契約といった手続きもですが、契約内容の変更手続きは重要です。

住所が変わった、車両入替したなど、契約情報が変わった場合はすぐに変更手続きをしましょう。最近では、インターネット上で変更できる損保会社も増えてきました。事故を起こしてしまい、保険を適用しようと思ったら、その時に情報が古いことに気づいた……。最悪補償を受けられないケースがありますから、注意が必要です。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket