Pocket

1998年の自動車保険の自由化によって、損保各社の保険内容や保険料、特約に差が生まれました。特にインターネットによる通信販売ができるようになったことが大きいようです。

その結果、他の業界同様にサービス競争が激しくなり、保険料に差が生まれ、様々な保険商品、特約がリリースされています。補償内容が複雑になるデメリットはありますが、うまく選ぶことで保険料を安くすることが可能になりました。

うまく選べば保険料を抑えることができます。しかしその反面、勧められるがままに自動車保険を契約すると割高になったり、事故を起こしてしまった場合に自分が契約している保険だと補償を受けられなかったり……。不利な条件での保険加入の可能性もあります。

自動車保険に加入する前に、まずはどんな保険、特約があるのかを確認しましょう。そして、補償内容と保険料のバランスを考えて契約するかどうかを検討すれば良いと思います。

主な自動車保険・特約

自動車保険の自由化以前は、BAPPAPSAPといったパッケージ型自動車保険が取り扱われていました。現在は個々で保険を選びます。とはいえ、デフォルトで加入、付帯される保険もあります。以下が、基本的な保険・特約になります。

以下は、補償範囲や保険料との兼ね合いで加入するかどうかを検討すればいいもの。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket